SF

パプリカ[第6回上映(解説)]※ネタバレあり!

たかひ館長
たかひ館長
皆さんこんちゃ!たかひ館長でございます。

今回の上映(解説)は名作アニメ映画「パプリカ」でございます。

今敏監督の独創的な演出と筒井康隆先生の原作がベストマッチなこの作品は、
現在でも国内外で人気のある作品です

2006年の映画ですが、今も色あせることなく見る人をあっと驚かすでしょう。

それでは間もなく上映(解説)でございます。

サクッとお楽しみください。




起:夢探偵

刑事である「粉川」は「パプリカ」と呼ばれるサイコセラピストに夢の中での出来事を分析してもらっていた。

粉川は不安神経症を抱えており、その治療の一環で「DCミニ」と呼ばれる夢を共有する装置を使い自身の夢と向き合っていた。

夢の中では、昔の相棒や映画シーンさながらの大立ち回り、自身の顔をした観客など気味の悪いシーンが続いていた。

その中で現在担当している殺人事件の映像が映し出され、これが原因なのかとパプリカに伝えるが真意は教えられぬまま。

パプリカは次に会う時間を指定した名刺を渡し夜の街に消えていくのであった。

そんな中、試作段階であるDCミニが盗まれたと開発者で超大柄の「時田」から副主任の「千葉敦子」に伝えられる。

DCミニが悪用される事の重大性から「島所長」に報告し、DCミニ開発に反対している「乾理事長」に知られまいと動きますが時すでに遅く、理事長の耳には入っていました。

その時、島所長がDCミニに接続していないのにも関わらず夢の攻撃を受け、妄言を吐きながら窓から飛び降りてしまうのでした。

・島所長の妄言は必見!
・序盤から素晴らしい映像美
・オセアニアでは常識らしい

承:夢殺し

島所長は間一髪のところで命を取り留めたものの夢の植え付けによる昏睡状態になってしまいます。

島所長の夢を分析したところ、時田の助手をしていた「氷室」が犯人なのではという仮説が立ちます。

千葉と時田、そして研究所職員の「小山内」とともに氷室の自宅に向かうのでした。

時田が鍵をこじあけ中に入ると、氷室の自宅はまがまがしい雰囲気をまとっていました。

千葉は氷室の自宅の中であるはずのない梯子を降り、古い遊園地に誘われると氷室に似た人形を見つけ、柵を超えようとしたところでベランダから身を投げていることに気づきます。

間一髪で小山内が助け、千葉もまた覚醒状態での夢の干渉にあっていることに気づきます。

3人は一息つくべくファミレスでご飯を食べているのですが、島所長の容体が急変し急ぎ研究所に戻ります。

島所長の夢にはパプリカが現れ、荒療治で島所長を夢から覚醒させ、事なきを得ます。

一方、粉川刑事はパプリカの指定した時間に名刺に書いてあるURLにアクセスすると仮想世界のバーに案内されます。

パプリカから「映画」についての好き嫌いを問われ、粉川刑事は「興味がない」と伝えます。

バーの外に出るとハリボテの映画館が立ち並び、粉川刑事の心を乱していきます。

後日、研究員が2名が夢からの襲撃を受け暴走し、乾理事長は全てのサイコセラピーマシンの開発中止を決定します。

暴走した被害で開発した機械を破壊された時田でしたが、「また作ればいい」の一言ですべてを済ませます。

その後姿を見た千葉は時田のTシャツの絵が、自身が誘われた遊園理のキャラクターと気づき氷室はそこにいるとあたりを付け時田とともに遊園理に向かいます。

しかし到着したところで観覧車の屋上から氷室が落下して、その頭にはDCミニが侵食しており異形の姿になっていました。

一連の事故・事件で研究所を訪れた粉川刑事は千葉と出会い、旧友である島所長に彼女がパプリカなのでは?と問います。

島所長はそれをはぐらかしますが粉川は確信している様子でした。

粉川刑事と島所長は大学時代の友人である将来の「夢」について語っていたようです。

粉川刑事は帰りの車中で不安神経症が発症し、パプリカに助けを求めるのでした。

・「胡蝶の夢」をモチーフにした演出がチラホラ
・ベランダの飛び降りを小山内がたまたま助けた…たまたま?
・バーの店員二人の声優さんは「今敏監督」と「筒井康隆先生」です




転:夢の夢

粉川刑事がパプリカによる治療を施されている間に、時田は氷室との対話をすべくDCミニで不安定な氷室の夢にリンクします。

しかし氷室の夢にリンクするとそこにある意識は氷室ではないことに気づきます。

時すでに遅く、時田は自身ごと氷室の夢に取り込まれてしまいます。

粉川刑事は自身が昔、自主製作の映画にのめりこんでいたことをパプリカに話、不安神経症の要因がその時の相棒の死が関係していると気づきます。

しかしここで予想もしない事態が起きてしまいます。

氷室の夢が粉川刑事の夢に侵食し、夢の侵攻が始まったのです。

パプリカは急いで覚醒し、千葉の姿に戻り研究所に戻ります。

時田と氷室が昏睡状態なので、時田を救うべく千葉はパプリカとなり夢に入っていきます。

氷室の夢のはずなのですが、そこに氷室の姿はありませんでした。

パプリカはその夢の中で1か所の夢の「ほころび」を見つけます。

ほころびの中は全く違う誰かの夢で、人形化した時田を嘲笑うかのような仕打ちが施されていました。

そして天高く小山内の像がそびえ立っており、パプリカはそこが誰の夢か見当がついてきました。

そうして夢の果てには強大な樹木の顔をした乾理事長の姿はあったのでした。

パプリカは覚醒を求め、千葉となり瞬時に島所長とともに乾理事長の自宅に向かいます。

乾理事長の現れた姿は下半身が樹木で、隣にいた島所長は気づけば小山内に変わっていて千葉は自身がまだ覚醒しておらず、夢の中の夢に気づきます。

パプリカに変身し、夢の中を果てなく逃げ続けますが、理事長の僕である小山内に追い詰められてしまいます。

小山内は昆虫標本のようにパプリカを捕縛し、自身が千葉に恋心を抱きながらも氷室と一夜を過ごしDCミニを手に入れた経緯を話します。

そして同時に小山内は理事長とも行為に及んでおり、穢れた存在だとパプリカに揶揄されたことで激昂します。

小山内は夢の中では力で支配できると言い、パプリカのかりそめの姿を剥ぎ取り、中に眠っていた千葉敦子を手にします。

しかし小山内は乾理事長に体を奪われており、小山内の意識とは別に千葉敦子(パプリカ)を手にかけようとしてしまいます。

そこに映画館の中でこの一部始終を見ていた粉川刑事が夢を突き破り、千葉敦子(パプリカ)を救出し映画の世界の中に逃げ込みます。

粉川刑事の大脱走がここから始まるのでした。

・乾理事長の夢の気味の悪さは芸術的
・小山内の曲がった愛
・今の夢は誰の夢?

結:夢見る子供たち

粉川刑事は自身の夢の中に逃げる途中に小山内に過去のトラウマを見せられますが、そこに怯えることなく反撃し小山内は命を落とします。

夢の中で撃たれただけなのに命を落とす小山内…
そうです、既に夢が現実に侵食し始めていたのです。

粉川刑事に助けられ意識を取り戻した千葉敦子でしたが、夢の浸食に気づき島所長とともに時田を取り戻すべく動き出します。

街には夢の住人が溢れかえり、大きな日本人形は執拗に千葉敦子を追い込んでいきます。

そこにパプリカが現れ2人を助け出します。

粉川刑事は窓の外を見ると夢の住人の大行列を目にし、自身がまだおかしな状態かと思うのですが、バーの店員が目の前に現れ夢の後始末をすると言います。

千葉敦子の前には巨大なロボットである時田が現れ、彼を放っておけないとパプリカに伝えますが「素直になれば」と言われ気持ちを固め時田に話しかけます。

時田は支離滅裂な話をしながら千葉敦子をつかみ上げ、そのまま飲み込んでしまいます。

パプリカや島所長、粉川刑事、バーの店員の目の前には「あっちの世界」とつながった穴が出現します。

一方の時田は暴走を繰り返していましたが、千葉敦子の概念である思念体から内なる思いを伝えられともに消えていきます。

その時「あっちの世界」の穴の中から巨大な乾理事長の思念体が現れ、世界の浸食を始めていきます。

パプリカは「言いこと言うじゃないの暗黒大魔王」と言葉をかけ「男には女、そして足りないスパイスを一振り」と呟くとパプリカは時田ロボの中に入っていきます。

そして時田ロボの中から1人の赤ん坊が生まれます。

乾理事長の闇をすべて吸い込んでいき赤ん坊はみるみるうちに成長し、すべての闇と乾理事長を吸い込んで成人の千葉敦子へと成長していくのでした。

そしてすべては終わり、夢から覚めた世界は明るい日常を取り戻していくのでした。

騒動後に粉川刑事は例のバーにアクセスするとバーの店員から手紙をもらう。

その中には、千葉の苗字が時田に変わる話とおすすめの映画「夢見る子供たち」について書かれていた。

粉川刑事は久しぶりに映画館に出向き、「大人1枚」と夢見る子供たちを鑑賞するのだった。

・夢の住人のパレードは何度見ても理解しがたい素晴らしい演出
・バーの店員かっこよすぎ
・粉川が向かう映画館にはたくさんの今敏監督作品

ー終わりー

いかがだっでしょうか?

粉川刑事が最後に見に行った「夢見る子供たち」は存命していれば公開されていた今敏監督の「夢見る機械」をモチーフにしています。

若すぎる死によってお蔵入りになってはしまったが今敏監督の残した作品は今も大きな影響を及ぼしています。

ほかにも「パーフェクトブルー」「千年女優」「東京ゴッドファーザーズ」こちらもおすすめです。

さらにテレビシリーズで放送した「妄想代理人」はパプリカに通じるものもある名作です。

私も気づけば何度も見直しその魅力にのめりこんでいます。

パプリカを観て考えさせられることは、自分とは誰か、夢の中の自分と本当の自分の境界線を感じ向き合うことの必要性などがあります。

またDCミニは現代のVRシステムに通じる部分もあり、そう遠くない未来起こることかもしれません。

そんな先見の目を持った今敏監督の作品ぜひこれからも楽しんでいっていただきたいです!
それでは今日はここまで!

たかひ館長
たかひ館長
それじゃまた!
created by Rinker
¥5,298
(2021/09/17 16:15:33時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
¥825
(2021/09/17 16:15:33時点 楽天市場調べ-詳細)